NEWモデルハウス やまがた健康住宅に申請しております

NEWモデルハウス やまがた健康住宅に申請しております

 5月に長野県のナカタヒロヨスタジオ・中田啓予先生に設計頂いておりましたNEWモデルハウスを、来年3月のオープンに向け工事を進めております。
 当初は、11月のオープン予定でしたが、イベント計画を見直し来年3月にオープンを変更。
 今日現在は、基礎工事となっております。
DSC_0340.JPG

 今回のモデルハウスから新たな取り組みとして「やまがた健康住宅」に申請しております。
山形県が進めている一定以上の断熱性能と気密性能を「やまがた健康住宅」として認証する制度で、最も寒い時期に無暖房でも室温が10℃を下回らない断熱性能と気密性能を有する住宅を持った住宅を山形県が認定します。
2018年4月から始まった制度で、断熱材を厚くして、気密処理を適正に行うと使用電力量が少なくなり省エネになることはもちろんですが、住宅内の温度差が少なく体の負担が軽減され健康に。このことから、「やまがた健康住宅」と名づけられたのだと思います。
やまがた健康住宅JPG.jpg
国も住宅の高性能化を推進しておりますが、この様に県独自で進めているのは、山形県と鳥取県のみです。
しかも、「やまがた健康住宅」に認定されると山形の家づくり利子補給制度にもつながり住宅ローンの利子が軽減されます

米沢市内に新築の場合は、R+houseの標準仕様で「やまがた健康住宅」の認定が可能です。その他、高性能住宅には、優遇制度が様々ございます。新築をお考えの方は、そういった制度を活用することでお得に住宅取得が可能となります。