街になじむ外観? 街のシンボリックとなる外観?

街になじむ外観? 街のシンボリックとなる外観?

 お家のイメージを膨らませる時、外観についてどのような希望がありますか?あまり主張せずその街になじむ外観?それともパッと目を引くその街のシンボル的存在の外観?どちらにしても、外から帰ってきた時、我が家の外観を見る度に嬉しくなる、そんなお家づくりがしたいものです。
 R+houseは建築家が事前に土地を下見し、周辺環境やその土地の空気を確認してからヒアリングを行います。そして、土地の条件と皆様の要望・予算を総合的に検討してプランニングをしてくれます。建築家が描く形には、それぞれ理由がありますので、R+houseのお家を見た際には「このお家は何故この形?」と想像しながら見学してみて下さい。担当者にも建築家の意図を聞いてみましょう。また外観のみならず内観についても、建築家とイメージを共有するためには「言葉」だけではなく「雑誌の切り抜きや写真」が有効的です。その切り抜きや写真の中で「「どこ」が「どう」好きなのか」というところまで自身の好みを掘り下げておくことをお勧めします。
外観2JPEG.jpg
 今月 見学会開催したK様邸。格子がとても印象的なお家です。建築地が城下町で上杉神社の参道沿いということもあり、景観をつくる外観として建築家が木格子と黒外壁にてプランニングしました。夜には格子を照らす照明もあり、目を引きます。
■メイン250.jpg★格子照明250.jpeg