建築家のプレゼンテーションとは?

建築家のプレゼンテーションとは?

R+houseの家づくりでは建築家が考え抜いたプランを、建築家自らがお客様にプレゼンテーション(presentation)をします。プレゼンテーションの語源は英語のプレゼント(present)と言われており、動詞では「提示する」「示す」「伝える」「贈る」という意味を持ち、プレゼンテーションは相手への贈り物という意味も含まれています。

建築家はお客様1人1人に合わせてプレゼンテーションを行う為、お客様にお伝えするプランや空間表現にも様々なカタチがあります。
コンセプト・風や光・導線がしっかり書き込まれているプラン、住んだ時の様子が見えてくるような魅力的な建築家の説明やコンピューターグラフィックを駆使した分かり易い完成予想図の表現等、お客様にお伝えする方法は様々です。打ち合わせの途中でお客様から出た要望は建築家は即時に咀嚼し、頭の中で形にしたものを手書きスケッチで表現する場合もあります。
p2.jpg
また、模型は住んだ時のイメージを最もしやすいと言われています。空間を立体的に確認することが出来る為、建築家とお客様との空間認識が一致しているかを確認することが出来ます。
pict_top1.jpg
R+houseの家づくりでは、お客様×工務店×建築家の個性の組合せによりカタチづくられて行きます。
今、家づくりをご検討中のあなたには、建築家からどんなプレゼンテーションが展開されるのでしょうか?