R+house住宅のデザインを探る 建築家:宮武淳夫 先生

R+house住宅のデザインを探る 建築家:宮武淳夫 先生

*R+houseネットワーク加盟工務店が施工した住宅をご紹介します

「凸型ファサードの家」

担当建築家
 宮武 淳夫
建築家.jpg
1973年 京都府生まれ
1998年 関西大学大学院工学研究科建築学専攻
     博士前期課程修了
1998~2005年 遠藤秀平建築研究所
2005年 宮武淳夫建築+α設計一級建築士事務所設立
趣味 音楽鑑賞・映画鑑賞・美術鑑賞・読書・建築巡り
   散歩・旅・ジョギング・図画工作
   建築に関わる思索・整理整頓

 2階の南北をセットバックし、中央に吹抜けを設けた凸型ファサードの家。1階リビングには吹抜けを通して南からの良い光を導き、北側隣家へも建つ前と変わらぬ日当たりの良さを提供できるよう設計しました。LDKには吹抜けの縦方向への広がりと、キッチンからリビング・テラスへと続く水平方向へと広がりをもたせ、友人や親せきを頻繁にたくさん招いて交流するこの家の生活スタイルに合った間取りになっています。


❶東道路側から見たファサード
  1階と2階のボリュームバランスを周辺隣家に馴染ませながらも、R+houseらしい水平と垂直を強調した輪郭が際立つ
物件1.jpg

❷中央の吹抜けとリビング奥のテラスがあることで、床面積以上の広がりが生まれている
物件2.jpg

❸左側の木のルーバーの塀で、道路側から隔てられたテラス。奥様がお友達とゆっくりお茶をしたり、お子様がプールで遊んだりと活用できるスペース
物件3.jpg

❹吹抜け上部の南の窓から、明るい光を1階リビングに導ける。
物件4.jpg